人材育成・健康・メンタルヘルス・子ども・子育て支援を中心に、 人・心・身体をゆたかに総合的に育むことを目指しています。
SYK心理オフィス

3月に思う

本日、本の出版日を迎え
ホッとしているとともに
嬉しく思っている

一方で、素直に手放しで
喜べない私もいる

3月11日は
私の人生を変えた
三大事件のひとつが
起こった日

この9年
心理士ができることの
少なさも、多さも
無力さも、価値も
さまざま実感し

3月は、毎年
恐怖の感情が甦り
使命感や責任感とともに
複雑な気持ちになる

そして今年の、この状況

ふと、目をやる先に

終わりかけの
小さな花たち

ありがとう
感謝
言葉

私たち心理屋が
本当に、することは何で
それは、どこにあるのか

個人で何かをする時代は終わるとも
これからは個人の時代になるとも
言われる中で

改めて、私が
何を、どこを
目指していくのか

真剣に考える数日

この本とともに
86日かけて
答えを見つけよう

この本が
このタイミングで
発売になったことは
必ず、意味のあることだから

必要な人のところへ
ちゃんと届くと信じて