人材育成・健康・メンタルヘルス・子ども・子育て支援を中心に、 人・心・身体をゆたかに総合的に育むことを目指しています。
SYK心理オフィス

デカダンス

桜が満開を迎えると同時に平日は休みに入ったので

やり残した青春を謳歌し
モラトリアムを満喫するぞ

なんて気分で
楽しむつもりが

規則正しい健康的な生活
早寝早起きヨガに散歩
読書や書類作りの知的作業
などのおかげで

すでに私は大人だった
ということを自覚する

30歳近くまでダラダラと大学に居残り
(正しくは28歳まで。23歳から28歳の5年間は、仕事しならの学生生活)

社会人になってからも
好きな仕事をして
自由に生きているから

永遠のモラトリアムと
錯角していたかったのに
人生って皮肉なものだわ

けれど一方で私は
永遠の赤ちゃんである
ことも自覚している

4月1日になっちゃうよ
あ~ぁ、来ちゃうよ

新なスタート楽しみだけど
あ~ぁ、始まっちゃうよ

「こんな私を何とかしてよ」

ただをこねたくもなる

そんな今年度も
いよいよ最終日

📖

分厚い本が隣にあった春休み

『デカダンス』とは
ダンディズムとニヒリズムの中間
“伊達”であるという

文人気質の章

心ひくところが所々にあった

質におけて高い者が、なぜ意識して無用者となったのか

文人サロンのような会を主宰したい
それが開業したときからの私の希望

そして、ふと…

誰が、私と本気で向き合ってくれるのか
誰が、私を正面から受け止めてくれるのか

こんな思いがクリアになって

私の未熟さを思って苦しくなる