人材育成・健康・メンタルヘルス・子ども・子育て支援を中心に、 人・心・身体をゆたかに総合的に育むことを目指しています。
SYK心理オフィス

デートしようよ!返答は?

<デートしようよ~>

①「うん、いいよ」

②「ムリ、仕事」

もちろん①の答えが返ってきて
デートができるのは
素直に嬉しいけれど

<ちょっと、私がデートに誘ってるのよ!
そうやって、仕事、仕事って!>

などと、
感情を解放、ぶつけることができる

つまり、
文句を言いながら、甘えている

本当は、こうしたいのではないか

こうなることを、どこかで期待していて

むしろ、②の答えを誘発しているのでは?

まるで思春期のようなストーリー

心理学講義の中で、私自身の「嫉妬」の小話をしたら、学生たち大盛り上がり、分かりやすいと大好評。

第1感情にどのように気づくか

思考や行動のパターンの変え方

望ましいコミュニケーション

身近な事例で、楽しく理解、すぐに実践できるような講義を
これからも心がけ、チャレンジしていきたい

次の講義では、このストーリーをネタに、
コミュニケーションの取り方の話をしよう。

<私と仕事、どっちが大事なの!>

などと、言って
ぷりぷりしたり
拗ねてみる

ちょっと、やってみたい欲望が…