人材育成・健康・メンタルヘルス・子ども・子育て支援を中心に、 人・心・身体をゆたかに総合的に育むことを目指しています。
SYK心理オフィス

みちゆき

大学院を修了して何年も経つのに
恩師が論文を送ってきて下さる

今回、届けられた論文は何と
私が生まれる10年前に
先生が書いたものだった

なぜ、このタイミングで古い論文が?

90歳になる先生が、まるで
人生の整理をしているような
そんな思考もはたらいてしまい
不安になりながら読み進めるも

人間の思惟の歴史、政治、教育認識が綴られ

その普遍性に感動と不思議さを覚えた

論文中
先生が線を引いてある部分と
私が線を引く部分に
差異があるのも面白いところだ

教養の中身としての「科学と芸術」

分化の解放と向上の基礎となる「言語」

これを意識しながら

①正しい歴史的な方向に進む必然性があるかどうか

②現在の営みの中で実践することができるかどうか

③将来において文化を発展させることができるかどうか

これが「みちゆき」なのかと

改めて再構成の主体を考えさせられた